PG55 TA [ピージーゴーゴー ティーエー]
PG55 RC PG55 RC

凍結温度:0℃   色:
ライフ:0.5年(半年)・1万km
(※あくまでも推奨サイクルです、定期交換をお薦め致します。)  

PG55 TA [ 2L] 標準価格: 2,980円(税別)
PG55 TA [ 4L] 標準価格: 5,500円(税別)
PG55 TA [20L] 標準価格:25,000円(税別)


全力走行を続けるための特別な冷却水


クーラントに対して約5倍の比熱を持つ純水を使用
熱を多く奪いながらも水温上昇は緩やかな特性
サーキット連続周回走行でも水温が上がりにくい
※注:上記は当社製品でのテスト結果です。



モータースポーツ専用高性能クーラント

PG55 TA は、モータースポーツで使用することを前提として作られている高性能クーラントです。
PG55 TA の成分は高レベルでろ過された純水が主体で、性能補助として独自開発の添加剤を加えています。一般的クーラントの主成分であるエチレングリコールやプロピレングリコールは一切含んでおりません。
PG55 TA はモータースポーツ用製品のため、注意事項をお読みになり、使用法には十分ご注意下さい。



主成分は高レベルで濾過された純水

PG55 TA の主成分である「純水」とは不純物をほとんど含まない水のことです。
飲料水には、消毒のための塩素、炭酸ガス等の塩類。微生物等の有機物。窒素、酸素ガス等が含まれています。
水道水に含まれるレベルなのでもちろん害はありませんが、冷却水の性能を追求すると、ごく少量でも不純物は水の性能を低下させます。それゆえに水は純度が高いほうが好ましいのです。
そこで専用のろ過器を用いて冷却水に最適な純水を作成し、PG55 TA に使用しています。



エンジン性能を引き出せる水温を維持

1グラムあたりの物質の温度を1度上げるために必要な熱量を比熱と言います。比熱の数値が大きいほど、多くの熱量が必要という見方をします。
そして一般的クーラントは比熱が0.85です。それに対して純水の比熱は4.2という数値です。すなわち純水1グラムあたりの温度を1度上げるためには、一般的クーラントの約5倍の熱量が必要になるのです。
つまり一般的クーラントと純水では水温が同じ数値だとしても、その温度まで上げるために吸収している熱量が大幅に違ってくるのです。
このことからわかるように PG55 TA は、ハイパワーエンジンが出す多くの熱を効率よく吸収しつつも、水温の上がりすぎを防ぐ能力を持つクーラントなのです。



冷却温度の検証実験

PG55 RCとTA を95℃まで熱し、一定の風を当てて双方の冷却温度を検証実験したときの結果はこちらです。

TA・RC冷却温度の検証実験グラフ




PG55TA 凍結温度域




----- PG55 TA 使用上の注意 -----

本品はモータースポーツ専用品です。一般走行用のクルマには使用しないで下さい。
本品は取り扱い法も特殊ですので、モータースポーツプロショップにてご購入下さい。
 (別売品フラッシング水が必要になる場合がございます。)
本品は外気温0度以下では凍結する恐れがあるので、冬季には使用しないで下さい。
 また、使用期間が短くても冬季前には不凍液入りのクーラントと交換して下さい。
本品の主成分である純水は、空気に触れると空気中の不純物が混じり劣化が始まりますので、開封後は使い切って下さい。
本品の用途は自動車用エンジン冷却水限定です。飲用ではありません。
 食品、食器の洗浄にも使用できません。人や動物、植物に対して絶対に使用しないで下さい。


PG55 TAを入れる際に今現在入っている冷却水を出来るだけ全量を入れ替えて頂きたいと思います。
 全量を抜き替えが困難な場合は弊社商品『フラッシング水』を使用して頂き3回~4回程度抜き替え作業を行ってください。
 廃液が透明になりましたらTAを入れてください。 TAの冷却効果が最大限発揮されます。

  フラッシング水20L 希望小売価格: オープン価格


PG5 TA リフレット表面 PG55 TA リフレット裏面