PG55 RC [ピージーゴーゴー アールシー]
PG55 RC PG55 RC

凍結温度:-40℃   色:
ライフ:2年・4万km
(※あくまでも推奨サイクルです、定期交換をお薦め致します。)  

PG55 RC [ 2L] 標準価格: 3,700円(税別)
PG55 RC [ 4L] 標準価格: 6,800円(税別)
PG55 RC [20L] 標準価格:30,000円(税別)


プロピレングリコールを理想値である55%配合。熱吸収と放出性に優れた究極のエンジン冷却水。


国内トップクラスとなる全容量の55%にプロビレングリコール液を使用しています。
熱の吸収性に優れ、エンジンが発生する熱を効率よく吸収。水温上昇を抑制します。
熱の放熱性にも優れているため、クーリングラップ時での水温の下がり方と安定度に違いが出ます。
製品管理へのこだわりで、成分配合から製品完成、ボトル詰めまで日本国内の自社工場で行っています。
SUPER GT,SUPER FORMULA,D1 GRAND PRIXなどでも使用されています。



サーキットを走るクルマやハイパワーエンジンを積むチューニングカーのために作り出されたエンジン冷却水がケミテックのPG55RCです。

PG55RCの主成分はブロピレングリコー ル液という液剤です。このブロピレングリコール液は用途が広く、食品や化粧品にも使用されますがエンジン冷却水用としても高い適性を持っています。

しかし、その性能を生かすにはエンジン冷 却水を構成するほかの液体との適切な割合で配合することが求められます。

そこでケミテックでは独自に研究を重ねた結果、冷却水の全容量中、ブロピレングリコール液を55%配合するという答えを導き出しました。この配合率こそブロビレングリコール液をエンジン冷却水として使うときに最良の値で、なおかつ国内で発売されているスポーツ系エンジン冷却水のなかでも、最も多くのブロビレングリコール液を配合したものとなりました。


そしてこの配合率とブロピレングリコール液の特性を生かすために用いたのがケミテックの自社工場で丹念にろ過して不純物を取り除いた精製水(純水)です。

これらの液体を使うことで実現したのが従来のエンジン冷却水では為し得なかった(当社製品での比較)エンジン熱の吸収性の高さと、冷却水中に含んだ熱を放出する放熱性のよさです。

そのため夏期におけるサーキット走行でも、水温上昇のベースが抑制されるので連続走行を可能にします。また、クーリングラッブでは放熱性のよさを生かして効果的に水温を下げることができるので、再スタートを切るタイミングが早まり走行時間を有効に使うことができます。

また、大型インタークーラーがラジエターの放熱効果をスボイルするターボチューンカーでは、渋滞時などで水温が上がり気味になることもありますが、PG55RCなら安心して走行することができます。



PG55RC 凍結温度域



PG5 RC リフレット表面